任意売却

 

 任意売却とは

 

 不動産を購入した後、様々な理由で住宅ローンの返済が困難になり3ヵ月~6ヵ月滞

納し、期限の利益の喪失となると、融資している住宅金融支援機構(旧、住宅金融公庫

)や金融機関は、不動産を抵当権に基づき差押え、競売の手続きにより強制的に資金を

回収します。

 

 競売の場合、落札されるまで価格は分かりませんが、一般市場価格の6~7割程度に

なることが多く、売却代金での債権者への支払いが不足した場合は、せっかく購入した

不動産を処分されたにもかかわらず、残債務(借金)が余計に残ってしまいます。これは

債権者である金融機関にとっても好ましくないことです。

 

 少しでも高額にて売ることができれば、債権者へより多くの返済ができます。

 そこで、私たち不動産業者が仲に入り、債権者すべての同意を得て、いずれは競売さ

れる不動産を一般の不動産市場に売りに出して、市場価格に近い価格で売却を試みる

のが任意売却です。

 

 

 

 任意売却の流れ

 

 取扱い業者によって多少異なる場合もありますが、基本的な流れを知っておきましょう。

 

 ①任意売却を扱う不動産業者へ依頼

 

  希望聴取、物件調査などを行います。
  物件売却に必要な書類を記入し、依頼主との間で専任媒介契約の締結します。

 

 ②任意売却手続き開始
 

  不動産業者から債権者に販売活動する旨を伝え、専任媒介契約のコピーを金融機関

など(債権者)に送付します。
  個人情報のため、業者スタッフと一緒に依頼主と共に金融機関に出向き、任意売却の

意思表示を行います。

 

  物件購入希望者より購入の打診を受けると、買い主より買付証明書を受理し、金融機

関など(債権者)に売却金額の同意を貰います。

 

 ③売買契約の締結
 

 住んでいる場合には引っ越し先を探して頂きます。
  金融機関など(債権者)と、抵当権全額の抹消の協議と応諾『配分表』の作成をし、

  抵当権抹消金額の決定と残債務の処理方法の合意をして、抵当権解除、差押えの取

り下げの合意を受けます。

 

 ④決済・所有権移転そして引き渡し
 

 金融機関など(債権者)に抵当権抹消合意金額の支払、抵当権の抹消、差押等の取り

下げが完了し、所有権の移転手続きが行われ、残債務処理が終了。